夢の発毛剤?ミノキシジルの秘密に迫る


髪の毛に悩む人なら、一度は耳にしたことがあるミノキシジル。
でも決して安い薬ではないので、本当に効くのか、副作用はないのか、気になるところですよね。

ミノキシジルは、最初は高血圧治療の薬でした。血圧をおさえるために服用していた人に多毛症や薄毛が治ったというケースが多発したため、AGAの治療として使われるようになったのです。
臨床試験では、ミノキシジルタブレットの服用開始から約4ヶ月で効果が現れ始め、連続して1年間使用すると、9割の人に発毛が認められたそうです。
結構な改善率ですよね。
でも、ミノキシジルがどうして発毛に効果があるのかは、まだハッキリとは解明されていません。

ミノキシジルに発毛効果があることはわかっても、高血圧の治療に使われていたものを高血圧でもない薄毛の人が服用して大丈夫なのか、という疑問が湧きますよね。
確かにミノキシジルをAGA治療用に服用した場合、血圧が下がりすぎたというケースもみられますし、ほかにもいくつかの副作用が報告されています。
動悸やめまい、倦怠感、嘔吐、むくみなどの症状が、軽度なものも含めて約1割の人に出ているようです。
ただ、命に関わるほどのものはありませんので、副作用が出た時点で使用をやめれば問題はありません。

心配なのは、個人輸入などで海外から取り寄せる場合です。
こういった正規ではないルートで手に入れると、ミノキシジルの含有量が多すぎたり少なすぎたり、粗悪品をつかまされたりということもありますので、余程信頼できる代理店でなければ購入を控えてましょう。
重くないとはいえ、実際に副作用が出る人もいるので、AGAクリニックで医師の診断のもとに処方してもらってください。

高確率で発毛効果を発揮するミノキシジルを服用する場合は、副作用の可能性を認識し、医師に相談しながら試していきましょうね。